ロンジンの時計と時計のベルトの色

、良い買い物ができたと満足することができました

1832年にスイスで創業 | イタリア人女性の、甘い生活を送るという精神に着想を得て製造された | 、良い買い物ができたと満足することができました

次に革のベルトをチェックすると、7色展開ということで、どれも素敵で迷ってしまいます。
日常使用するにはブラウンかトープが無難ですが、金属製のベルトを使用すると日常は問題ありません。
もっと華やかな色はと思い、ターコイズやイエローをチェックしましたが、色は綺麗ですが長く身に着けると汚れが目立つのではないかと感じました。
オレンジもよいですが、持っている服を思い出すと、服に合わないかもしれません。
パイングリーンかライムグリーンで悩んでいたら、店員の方がパイングリーンを選択する方が多いということで、実際に時計に装着してくださいました。
深みのある良い色で、服にもマッチしそうだし、場所を選ばず身に着けることができます。
綺麗な色だけれど日常生活にマッチしない色は、購入しても使用する頻度が少なくなるし、パイングリーンがちょうどよい色かもしれません。
ターコイズがとても綺麗で気になりましたが、パイングリーンを購入することにしました。
プレゼントの革ベルトはコーラルカラーで、とても素敵な色で嬉しかったです。
支払いを済ませて家に帰り腕に着けると、どのベルトも時計にマッチし、良い買い物ができたと満足することができました。
父親にもみせましたが、似合うと喜んでくれたのでよかったです。