ロンジンの時計と時計のベルトの色

1832年にスイスで創業

1832年にスイスで創業 | イタリア人女性の、甘い生活を送るという精神に着想を得て製造された | 、良い買い物ができたと満足することができました

父親が体調を崩していましたが無事全快し、病院の付き添いでお世話になったお礼ということでお小遣いをもらいました。
大切なお金なので、ずっと使用できるものを購入しようと思い、悩んだ末時計を購入することにしました。
毎日身に着けることができるし、良い時計を購入すると、自分の子供に譲ることもできます。
いろいろ時計をチェックしてみたところ、ロンジンが気になりました。
どの時計も上品なデザインで、どのような時代でも通用するエレガントさがいいなと思いました。
ロンジンについて調べてみましたが、1832年にスイスで創業しており、歴代の万博で多くの賞を受賞する等評価されているそうです。
精巧な時計が欲しいと思っていましたが、賞を受賞しているのであれば問題ありません。
中国ではエレガントなデザインが評価されてかなり人気があるそうで、時計の価値が下がることはないのではないかと思いました。
コレクションは、エレガンス以外にスポーツやヘリテージ、ウォッチメイキングトラディションやイクエストリアンとなるようですが、エレガンスに分類されるドルチェヴィータが気になります。
エレガントでありながら現代的な雰囲気もあり、やぼったさは感じません。

女優・波瑠が、ロンジンの限定モデルをスタイリッシュに着けこなす。
https://t.co/cHIL0UUOJU pic.twitter.com/sPnoZjCN1z

— VOGUE JAPAN (@voguejp) September 4, 2021